初めての方へ

布ナプキンTOP > 布ナプキン〜初めてでも安心 > はじめての方へ

はじめての方へ



スーパーでもドラッグストアでも、どこでも手に入る、使い捨ての「ナプキン」。
使い捨ての「ナプキン」って、ナニでできているかご存知ですか?

肌に触れるところは紙っぽいし、中身は柔らかそうで綿(わた)っぽい。
超薄型っていうのは何が入っているのかな・・・?一般的に販売されているナプキンの表面材(肌に触れるところ)は、ポリエチレンやポリエステル。中身は、ポリマーといって、高分子吸収体とか高吸水性樹脂といわれている、合成樹脂でできています


抗菌力にすぐれた竹布なら、使用後も安心して持ち運べます。
竹は、農薬を使わずに育ちます。かぶれや痒みを防ぎます。
なんと言っても、竹布は、からだを温めてくれます。からだを冷やさないことが、とても大切です。

  よく見ると、表面も中身も、石油からできる合成繊維や合成樹脂なんですね。最近では「ケミカルナプキン」とよぶこともあるようです。

インナーやタオル、毛布だって、安心できるものを使いたいのに、毎月デリケートな部分に当てて使うものが石油製品って、なんだかちょっとイヤな感じ・・・。

そんな声から生まれたのが「布ナプキン」
使い捨てない、洗って何度でも使える、安心素材の「」でできたナプキンが、生まれました。

布ナプキンが話題になりはじめの頃は、コットンや、オーガニックコットンが主流でした。

布ナプキン